二重まぶたの作り方

アイメイクの怖〜い落とし穴

皆さん、アイメイク、特にアイラインを眼科医が勧めないのをご存じでしたか?
アイラインと言えば、まつ毛ギリギリまで引くのが常識だと思いますが、これが
なんと眼病の元になっていので問題視されているのです。

 

何が問題かと言うと、アイラインに含まれる液体が、眼球に入り込むと
皆さんもご存じのドライアイを引き起こしやすくなるんです。

 

わたしはアイラインをあまりひかない方ですが、仕事柄ドライアイです。
ドライアイになるとどうなるかと言うと、「悲しくもないのに涙が止まらなくなる」
「目イボができやすい」「常に目薬が手放せない」「太陽がまぶしく感じる」
といった症状が出てきます。

 

実際、病院で調べて貰ったところ、高齢の方と同じ位のキズができていると
言われました。それもドライアイの特徴だそうです。

 

でもアイライン、引きたいですよね。
どうすれば良いかと言うと、まぶたギリギリまでひくのではなく、少し離れた
所から引けばいいんです。

 

私はアイラインを引く時これを意識しています。
目をつぶってしまうと肌色の溝が気になりますが、普段の生活で
そこまで困ることはありません。
むしろ1〜2mm位あけてひいた方がしっかり引けているように見えます。
ガッツリやっちゃってるなぁ〜と思う方は是非試してみてください!